インターネットやケーブルテレビ、電話、スマホなどのサービスを提供している「JCOM」。さまざまなサービスを行なっていますが、光回線に関しては悪い評判が多いと言われています。

実際に調べてみても悪い口コミが散見されているのですが、何が原因なのでしょうか。今回はJCOMの評判を紹介していきながら、契約する前に知っておきたい注意点をまとめていきます。

1.JCOMインターネット 速度と料金

まずは、JCOMが提供するインターネットサービスの料金と速度を簡単に紹介していきます。

JCOMでは、回線速度によってプランが分けられています。戸建ての場合には、このような感じになります。

下り最大速度 1G 320M 120M 12M 1M
料金 6500円 6000円 5500円 3980円 2980円

もちろんこれは最大速度値なので、常時この速度が実現されているわけではありません。

料金設定に関しては、確かに他の光回線よりも高めになっています。NURO光だと下り最大2Gbpsのプランでも月額5000円を下回る料金で提供していることを考えると、コスパの悪さが目立ってしまいます。

最近では、WiMAXでも下り最大1Gbpsを実現する端末をリリースしているほどでもあり、料金やスペックなどを見てもJCOMが劣って見えてしまいます。

ただ、JCOMに関しては、インターネットだけではなく、ケーブルテレビや電話などのサービスを実施しています。これらを組み合わせたセットプランなども用意されており、それらを利用すれば多少はお得になっていきます。

ただ、回線速度として1Gbps以外のプランに関しては、遅さにストレスを感じてしまうことも多々あるでしょう。

2.JCOMのネガティブな口コミ

JCOMの基本的な内容を踏まえて、実際に利用しているユーザーの方の声を取り上げていきます。悪い評判が多いと言われていますが、どのような点に不満を抱いている人が多いのかに注目していきましょう。

以上のような口コミが見られました。
大まかにまとめるとこのようになります。

①回線速度が遅い

1Gbpsプランであれば、快適にインターネットを楽しむことが可能といえますが、それ以外のプランに関しては、快適とは程遠いスペックといえます。

回線速度に関する不満は多数見られますが、そもそものプランで設定されている数値が低いことも考えられますし、元々ケーブルテレビが中心となっている企業でもあり、一本の同軸ケーブルにTV・電話・ネットの3つを通すため光回線と比べると速度が出にくいのも事実です。

②不具合が多い

回線速度が遅いだけではなく、「繋がらなくなる」という症状が多発しているようです。肝心な時にネットに繋げないのは痛いですよね。頻度も高いようで不満が続出しています。

③営業がしつこい

光回線ではよく見られる口コミですが、営業に対する不満も目立ちました。自社の回線をしつこく勧誘したり、点検と称して、営業活動を行うなど、利用者からは煩わしいという声が目立ちました。営業経験者が語るJ:COMの点検営業手法

④サイトがわかりづらい

解約の手続き方法もそうですし、料金プランに関しては、セットプランの料金しか表示させておらず、個別のサービス料金はわかりにくくなっています。

また、割引を適用した状態での料金を表示させており、いつまで適用されるのかなどはわかりにくくなっており、そういった部分での不満もありました。

これらの口コミに加えて、インターネット単体の契約ですと光回線業者よりも料金が高いわけですから、評判が悪くなるのも致し方ない部分があるでしょう。

3.JCOMの回線は本当に遅いのかを検証

さまざまな悪い評判が見られるJCOMですが、中でも回線速度の遅さに関しては目立っていました。しかし、実際の速度値を見ないと、「遅い」というのは感覚的な評価でもあるため、客観的な部分が見えにくくなってしまいます。

ここでは、「みんなのネット回線速度」という各回線の通信速度をユーザーが投稿するサイトを参考にJCOMの回線速度を評価していきましょう。

①JCOMの通信速度(実測値)

JCOMの通信速度は4つのコースがあり、上から最大速度が320Mbps、120Mbps、12Mbps、1Mbpsです。プランによってばらつきもありますが、ここでは、1Mbpsプランから320Mbpsプランの平均速度を見ていきます。

  • 下り平均速度:92.9Mbps
  • 上り平均速度:10.19Mbps
  • 光回線の実測値の中で最速を出しているNURO光は、下り平均速度:245.17Mbps、上り平均速度:206.41Mbpsです。

    このようにNURO光と比較しても回線速度の差は明確に出ています。最大速度値は確かに異なりますが、料金に関しては、NURO光の方が安いので、明らかにこちらの方がお得なのは明白です。

    4.JCOM NET光on ひかりは快適に利用できる

    こちらはJCOM経由で申し込めるauひかりの回線です。回線速度は下り最大1Gbpsとなっており、快適にインターネットを楽しめます。
    こちらの平均速度については以下のようになっています。

  • 下り平均速度:201.95Mbps
  • 上り平均速度:153.71Mbps
  • NURO光と比較すれば速度は劣りますが、これぐらいの平均速度を記録しているのは、光回線の中でも高速な方です。ケーブルテレビなどとのセット割などを活用して、インターネットをお得に利用したいという人はこちらのプランがおすすめです。

    5.JCOMのネガティブな評判 まとめ

    JCOMの評判をまとめていきました。やはり月額料金とプランごとの回線速度については契約前に注意して確認しておくべきです。少なくともJCOMで快適にインターネットを利用するには「JCOM NET光on ひかり」を選択した方がいいでしょう。

    また、悪い評判も多いですが、ケーブルテレビに関しては、良い評価もされているため、ケーブルテレビとのセットでインターネットを契約するという選択肢も考えられます。

    「JCOMの良い評判」

    ケーブルテレビを中心に、インターネット、スマホ、電話など各種サービスを提供している「JCOM」。Twitterなどの口コミを見てみると、特にJCOMインターネットに関して悪い評判が集中している印象が見受けられます。
    確かにそういった部分もあるのですが、口コミというのは往々にしてネガティブな意見が多く目立つものでもあり、JCOMに関しては少なからず良い評判も見つけられます。
    それを見ていくと、JCOMには良い部分と悪い部分があることがわかります。

    JCOMの良い部分とはなんなのか、どのように利用すればコスパが高いのか、詳しく見ていきましょう。

    1.JCOMインターネットの概要
    JCOMが提供するインターネットサービスの概要をまとめていきます。

    JCOMでは、回線速度ごとにプランが設定されており、以下のようになっています。

    下り最大速度 1G 320M 120M 12M 1M
    料金 6500円 6000円 5500円 3980円 2980円

    確かに、全体的にみると、他の光回線よりも平均的に料金が高いことがわかります。回線速度を見ても、1Gbpsプラン以外は、お世辞にも快適にインターネットが利用できるとは言い難く、不満が出るのも頷けます。

    もちろんJCOMでは、インターネット単体での利用よりも、ケーブルテレビなどと組みわせて契約することでセット割が適用されるため、それと比較すれば、まだ面目は保たれます。

    1Gbpsプランに関しても、こちらであれば快適にインターネットを楽しむ上で充分な回線速度を提供しています。

    JCOMの良い評判

    Twitterで書かれているJCOMの良い評判を見ていきましょう。どのような点にユーザーがメリットを感じているかがわかります。

    ①全てのプランが遅いわけではない

    JCOMの評判を調べていくと、回線速度の遅さに不満を述べる口コミが多く散見されますが、プランによっては充分な速度を出しているといえます。

    特に、「JCOM NET 光1Gコース」であれば、光回線の中でも実測値が出ている方ですし、快適にネットサーフィンが楽しめるだけのスペックを有しています。

    JCOMには、1Mbpsや12Mbpsプランがありますが、料金が安いため、メールやネットサーフィン程度の使い方をする方にはメリットがあります。

    ②セット割りならお得になる

    JCOMの魅力はインターネットとその他のサービスを組み合わせて加入することによって、料金に割引が適用されるという点です。通常「JCOM NET 光1Gコース」単体では月額6500円ですが、これにケーブルテレビの「37chプラン」を組み合わせると、月額料金が5500円になります。(※割引期間は12ヶ月、その後通常料金7400円になる)

    ケーブルテレビとの合算で考えた時、JCOMの方がコスパが高いといえるかもしれmせん。

    ③JCOM NET 光1Gコースは戸建限定

    JCOMの中でも、比較的優れている「JCOM NET 光1Gコース」ですが、こちらのプランを契約できるのは「戸建住宅」のみとなっています。さらに対応エリアに関しても関東エリアのみとなっており、関西エリアでは対応していません。

    JCOM NET 光1Gコースは結構速い

    実際のところ回線速度というものは、契約プランに記載されている最大値が常に出ているわけではありません。また、居住環境や時間帯によっても異なります。一概に遅いとはいっても、客観的な部分に関しては議論の余地が残ります。

    ここでは、「みんなのネット回線速度」というインターネットサービスの回線速度をユーザーが投稿して、平均値を算出しているサイトを利用して、JCOMの速度を見ていきます。

    ・JCOM NET 光1Gコース(下り最大値:1Gbps)
    下り平均速度:201.95Mbps
    上り平均速度:153.71Mbps

    ・NURO光の通信速度(下り最大値:2Gbps)
    下り平均速度:245.17Mbps
    上り平均速度:206.41Mbps

    ・ソフトバンク光(下り最大値:1Gbps)
    下り平均速度:135.82Mbps
    上り平均速度:120.41Mbps

    確かに、NURO光に関しては、安定した回線速度を計測しています。さすが世界最速インターネットといったところです。

    「JCOM NET 光1Gコース」に関しては、NURO光には劣りますが、それでもまずまずの平均速度を記録していることが伺えます。目につくほど遅いというわけではなさそうです。

    4.結局契約するならどれがいい?
    JCOMのインターネットサービスは、プラン選びさえ間違えなければ、著しく回線速度が遅いということにはならなそうです。これらを踏まえた上で、結局のところ光回線を契約するならどこがいいのか比較していきましょう。

    今最も評価が高いのは「NURO光」です。これと「JCOM NET 光1Gコース」を比較してみましょう。

    下り最大速度 月額料金(戸建)
    JCOM NET 光1Gコース 2Gbps 6500円
    NURO光 1Gbps 4743円

    料金だけ見れば圧倒的にNURO光の方が安いです。また、対応エリアに関しても、NURO光は全国展開とはいかないまでも、主要な都道府県でのサービス提供を行なっていますし、集合住宅にも対応しています。

    なので、インターネット単体で考えるのであれば、NURO光が圧倒的に優れています。

    ただし、ケーブルテレビも利用したいと考えているなら、JCOMという選択肢もいいでしょう。先述のように「JCOM NET 光1Gコース」と「ケーブルテレビ37chプラン」を組み合わせると月額料金が5500円(12ヶ月間)になります。

    これを考えると、セットで利用する分には、JCOMにメリットがあるといえます。

    5.まとめ
    JCOMのインターネットサービスは、悪い評判も多いですが、1Gbpsプランが用意されるなど、最近の高速通信化にも対応してきています。回線速度も悪くないですし、セット割などもお得になっています。

    契約プランをよく理解していくと、実はコスパが高い可能性も秘めています。