docomo以外のキャリアでも利用できる、DAZN for docomoですが、通常のDAZNサービスとどちらから申し込むべきなのでしょうか?今回はDAZN for docomoと通常のDAZNサービスとの違いや、料金も合わせてお伝えいたします。

DAZN for docomoとは?

2017年にDAZNとdocomoが協力し、提供される事となった動画配信サービスです。最大のポイントは、docomoユーザーでない他のキャリアユーザーも「dアカウント」を作成すれば利用が可能な点です。

dアカウントの作成も無料で簡単に作ることができます。それではDAZN for docomoは、通常のサービスとどこに違いがあるかご紹介していきます。

DAZNとDAZN for docomoの違い

DAZN for docomoと通常サービスとの大きな違いは3つです。

  • 1、「料金設定の違い」
  • 2、「利用する際の支払い方法」
  • 3、「課金システム」

コンテンツやサービス内容や番組内容は通常のDAZNサービスと全く同じなんです。

料金設定に関しては、docomoユーザーならかなりお得に。それ以外のキャリアユーザーでも使い方によっては費用を抑えることができるんです。それでは、気になる料金設定について見ていきましょう。

DAZNとDAZN for docomoの料金設定の違い

料金設定の違いについては、DAZN for docomoの方が「お得に利用できる」点が大きな違いです。

下記の表を見ると分かり易いですが、docomoユーザーであればDAZNの通常月額1,750円が980円で利用可能で、月に770円も安く利用することができます。

DAZN for docomo DAZN for docomo(別キャリア) 通常契約
DAZN単体 980円 1,750円 1,750円
DAZN+dTV 1,280円 2,050円 2,250円
DAZN+dTV+dTVch 1,760円 2,530円 3,030円

セットサービス割引がある

また、もう1つの特徴はセットサービスで更に割引が効く点です。同じく「dアカウント」を作成すれば他キャリアでも利用できる、「dTV」や「dTVch」を同時に利用した場合、利用するサービスが増えるにしたがって、割引金額も大きくお得に利用できます。

例えば「DAZN for docomo」と「dTV」をセット利用する場合は、docomoユーザーなら通常価格に比べ月970円も安く利用でき、他キャリアユーザーであっても月200円の割引となります。たった200円ですが、年間で言うと2,400円割引となるので、1ヶ月間無料で利用できると考えることもできます。

とてもお得なDAZN for docomoですが、申し込みに際しての注意点や、通常のDAZNサービスとの違いもありますので、確認しておきましょう。

DAZN for docomo申し込みの際の注意点

注意点① DAZNからDAZN for docomoへ契約変更の場合

通常のDAZNから、DAZN for docomoへ切り替えたくなった方も多いかもしれませんが、サービス切り替えの際は必ずDAZNの解約が必要です。

全く別のサービスになりますので、必ず解約後、DAZN for docomoかdocomoのホームページから「DAZN for docomo」の契約手続きを進める必要があります。

解約する前にDAZN for docomoへの手続きを進めてしまうと、解約を忘れて2重に月額が掛かってしまう場合も考えられます。他の記事にて解約の手続きもご紹介していますので、そちらも参考に、契約中のDAZNの解約から進めましょう。

注意点② DAZN for docomo課金方法

DAZN for docomoはDAZNとは月額課金の仕組みが異なりますので注意が必要です。通常のDAZNの場合は利用開始日が起点となりますが、DAZN for docomoの場合は毎月1日からの起点となります。

契約の起点を覚えておくことで、解約の際も不要な利用料金を払わずに済んだり、次にご紹介する無料視聴期間も上手く利用する事ができます。お申し込み前には、しっかり覚えておくと安心です。

注意点③ 無料期間からの有料契約に注意

DAZN for docomoに切り替えの際に無料視聴期間を利用する場合は、有料契約に切り替わるタイミングに注意が必要です。無料期間はいつ申し込みしても、申し込み日より「31日間」となります。

しかし、無料期間が終わると自動的に有料契約に切り替わりますので、意識せずに無料視聴を始めると、月末のタイミングで課金スタートとなる場合があります。

月末から課金スタートになる例

25日に無料視聴をスタートした場合、31日後である次月の27日に無料期間がおわり、DAZN for docomoの課金がスタートとなります。

この場合、DAZN for docomoは月末までの契約の場合は、申し込み月全ての月額が課金となる為、実質3日~4日程度の利用に対し、月額を丸々支払うことになってしまいます。無料期間のスタート時期も、事前に計画しておくことをお勧めします。

注意点④ 通常のDAZNより支払い方法が限られます

通常のDAZN契約の場合は数種類の支払い方法が可能ですが、DAZN for docomoを契約する場合、docomoユーザーならドコモケータイ払い、それ以外の携帯キャリアユーザーならクレジットカード払いに限られます。

通常のDAZNから切り替える場合は、支払い方法も変わる場合があるので、事前に確認しておいた方が良いでしょう。

DAZNをドコモで使う際のまとめ

サービス自体は全く同じモノですので、ズバリdocomoユーザーの方は使わない理由が無いくらいお得です。他キャリアをお使いの方の場合、dTV等も利用する場合はお得に利用することができるサービスです。