ケーブルテレビ局で数年前営業をしておりましたが、多チャンネル放送を視聴する際に必要なSTBが、モデルチェンジしている様です。今回は、以前からあるSTBと何が変わり、利用の際には何に注意しなければいけないのか。一緒に解剖していければと思います。

ケーブルプラスSTBとは?

KDDIがケーブルテレビ局向けに開発した、スマートテレビが楽しめるSTBです。ん?早速、分からない単語がでてきましたね。スマートテレビってなんでしょうか。

簡単に説明するとすれば、テレビでインターネット機能を活用し、新しい活用方法や楽しみ方ができるテレビの事です。もっとかみ砕いてご説明すると、スマホの様に使えるテレビとも言えます。

お住まいの地域にケーブルテレビ局があれば、契約後、こういった利用方法が可能です。調べたところ、提供されているケーブル局は、全国にありますが、JCOMは他のSTBの機種を採用しているようです。

料金体系は、各地のケーブル局によって変わります。ケーブルテレビ視聴料金にSTBレンタル料も含まれている地域や、視聴料とは別にSTBレンタル料や、買取もできる地域、ネットや電話とセットにすると、セット割引で安く利用できる地域など様々です。

ご利用やご検討の際は、利用される地域のケーブルテレビ局へのお問合せをお勧めします。では、今までのSTBと何が変わったのでしょうか。まずは、今までのSTBの機能をおさらいしましょう。

今までのSTBの機能

基本的に昔からあるSTBは、BS/CSや地デジを視聴する為の、最低限の機能のみです。録画などについても、他の機器と繋いだり、非常に複雑な設定が必要でした。
  
また、他の部屋でケーブルテレビが見たい場合は、数台の契約が必要だったり、それぞれの部屋のTVへの工事が必要でした。ですので、契約するテレビを追加する度に、工事費用と利用料金が必要でした。今となっては恐ろしい話ですが、昔はごく当たり前のシステムでした。

では、ケーブルプラスSTBはどういう機能があるのでしょうか。標準のSTBと比較してみてみると、面白いと思いますよ。
 

ケーブルプラスSTBの機能

音声機能

ネットの様に利用できるテレビを謳っていますので、音声での操作が可能です。具体的には、番組のキーワード検索や録画した番組の検索と録画予約、さらにYouTubeなど、ネット動画の検索も可能です。

また、通常のパソコンの様な利用をする場合も、音声検索が可能なので、小さい文字が見ずらいお年寄りや、ソファーに寝転んでだらだら視聴したい方などには、便利な機能だといえます。
   

番組が持ち出せる

録画した番組を、スマホやタブレットへダビングできる機能もある様です。ご利用のネット環境にもよりますが、60分番組をダビングする時間は90秒ほど。

私が営業していた頃は、テレビは自宅でしか見られなかった為、ケーブルテレビ単体で利用すると割高でした。家族みんなでスマホ持ち出し等をする家庭なら、この機能はかなりお得に利用できそうだと感じます。

スマホやタブレットと連携できる

ケーブルプラスSTBはandroidが搭載されている為、専用のアプリを利用すれば外出先からの番組検索やリモート予約もできます。また、自宅内であればスマホやタブレットからケーブルテレビを観ることもできます。

仕事が忙しくて録画設定を忘れてしまった際や、外出先で話題に上った番組を録画したい時にもすぐ予約できるので、TVと向き合って予約設定するストレスも減りそうです。

また、スマホ等のアプリゲームをテレビで映して遊ぶこともできる様です。小さいお子さんや友人との団らんにも使える機能です。

注意点やデメリット

ネットの口コミなどを見てもそれほど批判的な声のないケーブルプラスSTBですが、注意点としては料金の面があげられるでしょう。ケーブルプラスSTBを利用する場合、ケーブルテレビ視聴料にSTBレンタル料がかかるケースが一般的です。

昔からある標準型STBだとレンタル料はかからないケーブル局が多いですが、ケーブルプラスSTBの場合は、地域によりますが毎月1,300円~1,500円程度必要になるケースがあります。また、録画データを入れる為の外付けHDDも、基本的には利用者負担になる為、注意が必要です。

とは言え、ケーブルテレビ局は割引やキャンペーンが豊富にあるのも特徴ですので、元ケーブルテレビ営業の目線で言うと、レンタル料の割引などのキャンペーンや他の割引のタイミングでの契約が賢い選択です。

ちなみに以前所属していたケーブル局でも、外付けHDD無料レンタルキャンペーンなんていうのも頻繁にありました。

営業マンの視点から ケーブルプラスSTBはありなのか?

今回ご紹介したケーブルプラスSTBの他にも、HDD付きSTBなど、現在では様々なタイプのSTBが提供されているようです。またこの春から、早い地域ではケーブルプラスSTB-2という新しい機種も提供されている様です。
 
客観的にみて、利用料金は安くないです。ただし、他サービスやキャンペーン、セット割引などをうまく利用すると比較的お得に使える場合もあるのが、ケーブルサービスの面白いところでもあります。

娯楽に利用するサービスですので、楽しみながら検討したいものですよね。